忍者ブログ
だらだら日記ですいません。
[73] [72] [71] [70] [69] [68
キングオブモンスターズ(KOM)観てきました。
最高の怪獣大暴れ映画でしたね。
テンションMAXで楽しめました。
そういうあたりはpixivに感想漫画を描いたので
そちらも見てください。

ソイヤ!ソイ!ソイソイソイソイ!

ここでは、「核兵器の怪獣」ゴジラとしての、
この映画の楽しい本質から全く的はずれで
批判的な内容をメモ的に書きなぐっておきます。

いかネタバレ、視聴前提で書くので
見てない人は注意





日本にとって核兵器とは、死と穢れ 恐怖のトラウマである。
そのトラウマを具現化させた存在がゴジラである。

アメリカにとっては違う。核兵器は戦争を終わらせ、国を守る力である。
そして時として、その牙は自分たちにも向けられうる畏れるべき力でもあるが、
人間同士 核を向け合う「パワーバランス」が、大国同士の全面戦争を抑止し
世界に調和をもたらしている。

何故か?みんなヒロシマ・ナガサキを知っているからである。
自分たちがそんな目に遭いたくないから、以来 核が戦争で使われずに済んでいる。

「調和」は映画の中で繰り返し出てくるワード。
ゴジラは世界に圧倒的な力で調和を持たらす存在である。
日本のゴジラ映画においても「地球代表怪獣」として宇宙怪獣など外来の侵略を
何度もはねのけてきた。
日本がアメリカの核の傘に入っている自覚があるからそういう描写を・・・
なんてことはおそらくないと思うが、
トラウマの具現化のはずのゴジラは日本においてもヒーローになってしまうことが
少なからずあった。

だから今回のKOMで「世界の調停者」役をゴジラがやったところで
今更、シリーズとして、キャラクターとして、おかしくはない。

そういう「スキ」をアメリカに与えてしまった。

シン・ゴジラでは、ゴジラは核兵器で殺せる(ということになっている)。
しかし努めて理性的だった登場人物たちが、
核の使用には一様に顔をしかめ、核仕様阻止のために奔走する。
なぜそこまでするかわからないと海外の視聴者の声にはあるらしいが、
そういう人たちに向けた「それくらい核が嫌なんだ、俺達はそれを知っているから」
というサインなのだ。

KOMでは真逆に、日本人の芹沢博士が核を使ってゴジラを呼び覚まし、
世界に調和をもたらす、という流れ。
ゴジラは完全にヒーローだ。
核兵器の怪獣ゴジラが怪獣たちを倒し、従え、治めるのだ。
芹沢博士はその生贄として死に、仲間たちは涙とともに立ち上がる。

芹沢博士はゴジラ研究者で、父親をヒロシマの原爆で失っている。
形見の時計(その原爆の時間で止まっている)はいつも持っているが
それを手にしながら、ゴジラを憎む主人公に言う。

「傷つけたものを許すことが、自らの傷を癒やす手段だ」

暗にヒロシマとアメリカのことを言っている(言わせている)というのは
明らかだと思う。
アメリカの原爆投下を許せと。
実際、日本とアメリカは仲良しだし、アメリカを憎まなかったからこそ
日本は立ち上がれたのだ、という背景ももしかしたらあるのかも。
が、原爆投下に関しての見解は当然だが日本とアメリカに乖離がある、
と思う。

アメリカは自国民のためにも、原爆を運用した兵士たちを罪人にしないためにも
ヒロシマ・ナガサキは必要な犠牲だったと正当化しなくてはならない。

それに対し被爆国としてはNOをいい続けなきゃいけないし、
「そのためのゴジラ」だったはずで、シン・ゴジラはそこに立ち返った作品である。

しかしアメリカはゴジラをそのように扱えない。
ヒロシマ・ナガサキを正当化・・・とまでいかなくとも、
「あれはあってはいけない過ちだった」とまでは言えない。
ネガティブに描くにしてもせいぜい
「核兵器は強すぎる」「扱いを間違ったらやばい」というくらいか。

KOMのドハティ監督は、「芹沢の時計は原爆投下・・・つまり人類が自然を破壊してしまった時間で止まっている」とインタビューで語っている。
そのとおりだと思う。
KOMを含む、モンスターバースの世界では、人類の核兵器使用や原発の増加を転機に
古の怪獣たちが姿を表し始めた、という設定があり、

「行き過ぎた技術を扱った人類が、大自然によってしっぺ返しを食う」

「自然VS人類文明」 という文脈においては、日本のゴジラ映画に筋を通していると思う。

ゴジラ含む怪獣たちは大自然の神々であり、人間はそれに寄り添って畏れ敬いながら
共存し無くてはならない、というようなテーマは私も好きである。

この文脈はKOMでもはっきりと、
「人類は地球の病原菌だから怪獣によって駆逐されるべき」という
悪役の主張によって描かれている。

が、ゴジラは森や海を代表する怪獣ではない。
核兵器で元気になる、核の怪獣なのだ。

アメリカの描く「核の怪獣」がキングギドラという外来の侵略者を倒す。
怪獣は他にもたくさんいるが王たるものには逆らわず、一定の秩序をもつようになる。
力で他の怪獣を従え、その調和の一環として人類もいくらか守られる。

「日本人の犠牲」を鍵として。

(アメリカの)核で一人の日本人が死に、呼び覚まされた力・・・
ゴジラの威圧で怪獣たちはゴジラに逆らわず
世界は調和をもたらされたとしたら、

ゴジラを復活させたあの地下神殿での爆発は
ヒロシマ・ナガサキだったのではないのか?

(ゴジラに放射能を与えるだけなら核兵器をそのまま食わせればよく、
劇中のように爆発させる必要はなかった。
が、あれがヒロシマ・ナガサキのメタファーなら・・)

決定的に違う点がある。
芹沢博士は死ぬことがわかっていて望んで
犠牲になったというところだ。
当然ヒロシマ・ナガサキは違う。暴力の犠牲者だ。
脚本スタッフがそのような意図をこのシーンに込めたかどうかも
わからない、ハジムの勝手な思いつきだ。

ただ、
世界に調和をもたらす力=ゴジラ=パワーバランスをもたらす核

であるならば、
核の力を全世界に知らしめた「ヒロシマ・ナガサキ」の犠牲
=ゴジラに力を与えた芹沢博士の犠牲

ということになるのではないか?
その犠牲に涙し、悼む気持ちがこの映画に込められているのなら
アメリカなりの配慮と言えるのかもしれないが、
ヒロシマ・ナガサキの犠牲は平和の生贄なんかではないのだ。
その犠牲は無駄死にだし、原爆投下は悪である というのが被爆国の立場だ(と思う)。
勝手に「平和のために必要なことだった」と神格化されちゃたまらない。

しかしこれはアメリカの映画なので、
もしそのように主張してるのだとしてもそれはアメリカの勝手である。
「私は好きにした。君も好きにすればいい。」
と、シン・ゴジラも言っている。

芹沢博士によって「活を入れられすぎた」ゴジラがモンスターバース続編でどう暴れるか期待するとともに、
日本も「原爆を落とされた国にしか作れないゴジラ」をKOMへのアンサーとして作って欲しいなあと思う(他力本願)
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
ブログ内検索
共有!!
最新コメント
[01/25 もこにゃん]
[06/04 ハジム]
[06/04 フロアガリノオッ サ・ン]
[06/02 ハジム]
[06/01 フロアガリノ オッ・サン]
最新トラックバック
(08/11)
ところでトラックバックって何?
バーコード
P R
プロフィール
HN:
ハジム
性別:
男性
職業:
フリーター
趣味:
宇宙関連 トランスフォーマー 萌え系
自己紹介:
カワラハジメ
漫画家志望のダメ男。
京都在住。
お仕事プリーズ
pixiv!
絵置き場
twitter
アクセス解析
Copyright ©   ハジム・スタジオbis   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]