忍者ブログ
だらだら日記ですいません。
[66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56
冬コミお疲れ様でした!!
スペースにいらっしゃった皆様、ありがとうございます!
今年も「すどゼミ」と「カワラハジメ(ハジム)」をよろしくお願いします!!
ガンガン邁進していきます!!!

さて2015年は映画の年でした。
名作の新作がこれでもかというほど投入され、概ね大好評というお祭りの様相。
私が観たのは、

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
マッドマックス 怒りのデスロード
アントマン
ピクセル
キングスマン
ガールズ・アンド・パンツァー劇場版
007 スペクター
スターウォーズ フォースの覚醒

かな・・・まだなんかあった気が
ネタバレしないよう気をつけながらの一言二言レヴューをしていきたいと思います!




アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
ヒーローたちのお祭り映画。2作目らしくやや影のある内容になり、
1作目のようなシンプルさはない。関わってるキャラの多さ、ここから派生する続編映画の前フリと、
一個の映画というより「接点」という印象。クオリティはさすがのもの
だからこれ単体で語りにくいのだけど、でもまあ1作目のほうが好きかなあ。
ウルトロンのキャラも面白いけどね


マッドマックス 怒りのデスロード
ある意味今年一番かもしれない候補の映画。ひたすら荒野を戦いながら走り回る、だけ!!
シンプルを極めてるが、それだけに集中力が高い。CG?そんなもんいらん!(使ってるけど)
「生きる力をもらえる」だの「女性のための映画」だの「実はすごく賢い作品」だの
色々な評価がされ、ただ馬鹿な映画じゃないことも確か。
(というか「馬鹿になれる映画」は賢く作れないと観客が「馬鹿になれない」からね。)
映画というものの一個の究極系なのかもしれないけど、車が吹っ飛ぶ様に感動できないと
やっぱつまらないんじゃないかなあ、と思った。
私はもちろん大好きですけどね!!
音楽は重々しいオケだけども、メタルじゃダメなんかなあ。

アントマン
アベンジャーズがごちゃごちゃした映画だったので、対象的にこのアントマンが
シンプルなヒーロー映画として輝いていた。
単純に楽しい、これでいいんだよこれで!
欲しいものと、もらえるものが一致していますね!

ピクセル
ファミコン映画。これまた実~に楽しい映画なんだけど、予告編で見せすぎたせいで
映画館で新しい驚きは少なかった感じがする。
世代的にも俺より一個上って感じだったので個人的にも乗りきれず。
どうでもいいけど「007黄金銃を持つ男」のワンシーンが出てきたね。

ガールズ・アンド・パンツァー劇場版
傑作となったTVシリーズから、その興奮をしっかりパワーアップさせてきたな!
しかし戦車成分盛り過ぎでついてこれないんじゃ?とも。
実際戦車の区別がつかないシーンがあったり、誰がどこにいるか頭のなかで整理しきれなかったり、
こういう点は一個の作品としてはマイナスだと思うんだけど、
今時のリピーター狙いの売り方(毎週違う特典が出るとか)を考えると、「見るたび理解が深まって面白い!」という満足度につながって
とてもよい「商品」になってるのかもなあ。さすがだ。

007 スペクター
007シリーズ 24作目にして、ダニエル・クレイグ・ボンド4作目。
ヒットを飛ばしながらも「迷走」という言葉も似合うダニエルボンドの総決算?
というか「カジノ~慰め」と「スカイフォール」話つながってたんかい!それが一番ショック!
スペクターとはボンド初期コネリー~ロジャー・ムーア世代で敵役だった、超巨大・悪の組織。
「ペルシャ猫を撫でる悪のボス」というテンプレートの、その元ネタは
このスペクターの首領ブロフェルド!
いわゆるマンガ的な、絵に描いたような「悪の組織」なわけだけども
それがダニエルボンドが培ってきた、シリアス路線リアリティ路線と組み合ってない。
昔のようなド派手アクションをやろうとしてるけど、過去作に全く勝てていない。
アクション監督でなく、アート系の監督だということだけど
それはボンドの人間性に迫った前作「スカイフォール」では良かったのかもしれないが、
スペクターで「やりたいこと」にこの監督さんはあってないんじゃ
なかったのかなって思ってしまいました、すいません。
ブロスナン世代のハジムとしてはボンドの人間性なんかどうでもいいので、
「楽しい」アクションを見せて欲しいところ。
最後ロンドンに戻ってきたり、ライバルが「実は〇〇」だったり、
いまいちスケール感がなくなっちゃうんだよねえ・・・
いい絵を作ろうとするあまり話が薄っぺらくなってるというか、
スパイに憧れられる映画になってるのかなって。

キングスマン
で、キングスマン。英国紳士が実は巨悪と戦う正義のスパイ、いやそれ007じゃねーかよっていう映画だけど、
スラムの若造が紳士に成長する物語であったり、スタイリッシュアクションしたり007とは違う面もあったりね。
方向性としては「荒唐無稽な昔のスパイ映画」を「オマージュする映画」
まんまセリフで、
「きみはスパイ映画は好きかね」
「好きだが、最近のはシリアスすぎる。昔のは荒唐無稽で良かった。」
「昔の007だね」
と、出てくる。それに「そう!そうだよね!」と思える人かどうかで見方が変わってきそうである。
まあそんなの抜きにしたって、十分に笑いあり涙ありアクションありの楽しい映画、成長物語というのは強い!

スターウォーズ フォースの覚醒
真打ち登場スターウォーズ。
まさしく4~6のSWの後継者で、主人公らとともに一緒に宇宙を冒険できる映画になっている。
新キャラが実に魅力的で、脚本の良さを感じる。躍動するメカ、次々やってくる楽しいトラブル!
ルーカスのSWではやらないような、現代的な演出もちょこちょこ入り、「新しさ」をアピール。

だが1~3が好きな人はどうすればいい?
モールやジャンゴやグリーヴァスのようなしっかりした、憧れられるカッチョイイ悪役は?
どこかで観たような光景ばかり。あれ全部新しい惑星だったん?
4~6のオマージュにこだわりすぎて、同じようなシーンばかりになっていないか?
そんなの、今作の圧倒的魅力に比べれば、ハエのようなケチだし、観てる最中に気になるような
件ではないのだけども、
俺結構1~3好きだったんだなって思った。
でもやっぱりもちろん、ep8が楽しみで仕方がない!


以上です。購入したいと思ったのはマッドマックスとキングスマンとスターウォーズ!!
まだ観てなくてこれから観たいのは、ジュラシック・ワールド、ミッションインポッシブル:ローグネーション

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
感謝とお礼
初めましてもこにゃんといいます。
ピンボールの方のブログにコメントしようとしたら出来なくなっていましたのでこちらに書き込ませていただきます。m(_ _)m申し訳ありません。
当方は先月からピンボールゲームを始めたのですが(もちろんPAです。あとFX2もプレイしております)英語がわからない自分はプレイの折にいつもハジムさんのまとめた琥珀様や赤幾様(もちろんこのお二方やししゃも様、blackknight2000様にも感謝です)のルール解説サイトのリンクを参照させていただいております!おかげでピンボールを一層楽しめています(^-^)/(この前テイルズオブアラビアンナイトをやっとクリアしました!)
それともう一つハジムさんに感謝したいことは僕がPAの中でも一番好きな台でありピンボールキャラで一番愛すべき彼女、ピンボットの花嫁の日本でおそらく唯一であろう二次創作絵をお書きになっていることです!!!しかも元ネタより抜群に可愛い(笑)もっと花嫁の絵を描いて欲しいです!
それと記事で紹介されている映画僕も一部見に行きました(^-^)この中だとマッドマックスが一番興奮しましたね!ピンボールと相性抜群そうな映画だと思うんですが意外に旧作の頃からピンボール化はされていないのでしょうか?
もし機会があればZENかSternに作ってもらいたいです。
あとアントマンとキングスマン、これはすごい気になってたけど機会を逃してしまい見逃してしまいました(~_~;)そろそろレンタルも始まっているようなので借りてこようかなぁ〜。
もこにゃん| | 2016/01/25(Mon)15:23:53| 編集
C90情報!   *HOME*   C89情報!!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
共有!!
最新コメント
[01/25 もこにゃん]
[06/04 ハジム]
[06/04 フロアガリノオッ サ・ン]
[06/02 ハジム]
[06/01 フロアガリノ オッ・サン]
最新トラックバック
(08/11)
ところでトラックバックって何?
バーコード
P R
プロフィール
HN:
ハジム
性別:
男性
職業:
フリーター
趣味:
宇宙関連 トランスフォーマー 萌え系
自己紹介:
カワラハジメ
漫画家志望のダメ男。
京都在住。
お仕事プリーズ
pixiv!
絵置き場
twitter
アクセス解析
Copyright ©   ハジム・スタジオbis   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]