忍者ブログ
だらだら日記ですいません。
[1] [2] [3] [4
9月8日はバトルシップの地上波放送でしたね。
大好きな映画です。色々と思う所あるので書きなぐっておきます。


PR
去年夏に映画館で観ました。その時感想を書くこともできましたが、
ネタバレもあり円盤発売まで待つことにしました。
で、Blu-rayが届きました。見ました。

やはり最高でした。

未見の方はネタバレがありますので注意。
脈絡もろくな推敲もなく書き連ねるのでご容赦をば。あくまで日記です。

ちなみにハジムのゴジラ観は
初代・・名作なのはわかるけど古い
昭和・・観たり観てなかったり。古い。
VSシリーズ・・・直撃世代。大好き。主に爆発量が好き。
00シリーズ・・・物足りない。
FW・・・逆に好き

米ゴジ(エメリッヒ)・・・別物でしょ?だって見た目が違うじゃん。大好き。
米ゴジ(ギャレス)・・・地味。もっと街壊して。



映画の感想をブログで書くのはひさしぶりだなあ。

ストパンOVAのついでに見てきたのだけど、意外と良かったのでブログに書きます。
ネタバレも多少あると思うので注意。
映画見てきました。
ストライクウィッチーズ劇場版・・・は公開初日3月17日と、あと4月入ってからカッとなって二回目行きました。ホントはもっと早くにここに書くべきだったけど、遅れに遅れて・・・。

バトルシップは、今日4月20日に行きました。

とりあえず詳しくはこちら
ストライクウィッチーズ劇場版公式HP


バトルシップ公式HP


ストライクウィッチーズは太平洋戦争時のエースパイロット及び戦闘機を少女化した「ウィッチ」達が
協力して謎の敵と戦う人気萌えアニメ。
舞台も第二次世界大戦期、ですが国名が違うので我々の世界とは違います。違うのです。
TVアニメ1期2期の続きではありますが、未見でもある程度理解できるような作りをしているのが凄い。
また、本来ミリタリー向けでありつつ、ミリタリーオタクでなくとも楽しめるのでオススメです。
これだけ要素を詰め込んでいながら、王道展開・爽やかな萌え記号で気楽に見られるシリーズとなっているというのは監督らスタッフの力量や計り知れません。
・・・へ、彼女らの下半身?なにかおかしいですか?はて。

で、バトルシップ。
舞台は現代の海軍合同演習。世界中の海の猛者達が集まっているところに、
宇宙からの侵略者が現れて大海戦バトルになる大作SFアクション映画です。
ユニバーサル100周年記念映画だとか。
海戦の迫力は凄い。是非とも映画館で体感すべき一本です。

似て・・・る!?

ミリタリーで

世界中の軍隊が力を合わせて

謎の敵(やたら無機質)に立ち向かう!

とまあなんか似てるってことで、強引に一個のブログにまとめときます。

いずれの二作もミリタリー描写がしっかりこだわって書かれていて
メカ好き兵器好き、でなくても男子なら燃えざるをえないでしょう。
また、ストライクウィッチーズにおいては
我々の歴史では完全に戦争しまくっていたロシア(がモチーフの国)のウィッチとフィンランド(がモチーフの国)のウィッチがコンビを組んでたり
ドイツ(がモチー以下略)のウィッチとアメリカ(がモry)のウィッチがなんだか仲良しだったりと
、実際の歴史では戦争していた同士が仲良くなっていることが多いです。

バトルシップでも、浅野忠信演じる日本の自衛官が活躍し、かつて激しく戦った日米が今や共に助けあって戦う仲間であるさまが描かれています。
バトルシップでの海自の優遇ぶりは目を見張るものがありますね。旭日旗が踊る踊る。

こういう展開は本当気持ちいい。なんか平和!(謎の敵はいるけど・・・。)
ミリタリー好きだからといって、人殺し好きではないのです。
創作の特権、ですねえ。兵器が活躍するのは映画かアニメ、ゲームの中だけで個人的には満足です。

さて、ここからはネタバレ有りです・






(タッチで拡大)

さてハジムは、「すどさいえんすゼミナール」という怪しい同人サークルにて
同人誌活動をさせてもらっています。

すでに
第一弾「漢有淫力」
第二弾「娘両子仮説」
をコミケ等にて頒布しております。
その内容とは、斬新な独自の科学理論を提唱する教授とその生徒のやり取りを通じて
科学の楽しさを知ってもらおうとする、科学冒涜妄想マンg・・
否、柔軟な視点を持った健全な教育促進漫画です。

その第一弾「漢有淫力」が、このたび同人ショップコミックZIN様の店頭に並ぶことになったようです。
というか、既に並んでいます。

京都住まいですので、遙か秋葉原で「並んだよ」と言われも実感しにくいので・・。

その様子は、原作者である謎の東大生、丸菱陸人どののこちらのサイトをご覧頂くとして、

「漢有淫力」とは、駅のホームに並ぶ女性のスカートが、電車が通り過ぎるとめくれてしまう
という、信じがたい謎の現象に熱く迫った、科学者を心目指すものなら必読の本ですが、
作画担当としては科学者を目指していない、女子のスカートの中が気になる人達にこそ是非よんでいただきたいですね。

この本がもたらした科学界への衝撃はこちらの動画を見れば伝わるでしょう。



この動画作るのに苦労したのはなにげに音楽ですねえ・・。
ニンテンドーDSのソフトでチクチクと・・。

 それはさて置き、この「漢有淫力」、通販も可です。
コミックZIN様の通販サイトはこちら

記念すべき疑似科学の夜明けの一冊を、是非お手元に一冊。
我らと共に、科学の地平のその向こうを歩もうではありませんか。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
共有!!
最新コメント
[01/25 もこにゃん]
[06/04 ハジム]
[06/04 フロアガリノオッ サ・ン]
[06/02 ハジム]
[06/01 フロアガリノ オッ・サン]
最新トラックバック
(08/11)
ところでトラックバックって何?
バーコード
P R
プロフィール
HN:
ハジム
性別:
男性
職業:
フリーター
趣味:
宇宙関連 トランスフォーマー 萌え系
自己紹介:
カワラハジメ
漫画家志望のダメ男。
京都在住。
お仕事プリーズ
pixiv!
絵置き場
twitter
アクセス解析
Copyright ©   ハジム・スタジオbis   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]